30代向けの基礎化粧品【エイジングサインに応答】

美容

年齢肌対策ができる化粧品

紫外線に注意

美容

30代は徐々に肌の衰えを感じ始める年代です。20代のころはヒアルロン酸やコラーゲンが活発に生成されるので、手抜きのスキンケアでもそれなりに肌の潤いを保つことができます。しかし、30代に差し掛かると、ちょっとしたスキンケアの手抜きが致命的になります。特に注意したいのが、紫外線です。紫外線は皺やたるみを作る原因のひとつです。わずか数分の外出であびた紫外線でも、それが蓄積されると皺やたるみになります。子供の送り迎えするときや、ベランダで洗濯物を干すときなど、ちょっと屋外に出るときでも、しっかり紫外線対策をすることが大事です。また、紫外線を浴びたあとは基礎化粧品でしっかり保湿ケアをすることも重要です。

年齢にあった化粧品を選ぶ

30代に差し掛かるとヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、肌のハリが徐々に失われていきます。30代になっても10代20代のころと同じ基礎化粧品を使用していても、肌の衰えをカバーできないので、30代になったら年齢肌対策ができる基礎化粧品を選ぶことが大切です。年齢肌をカバーできるアンチエイジング成分に、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやプラセンタなどがあります。セラミドは細胞と細胞の間に存在する細胞間脂質で、水分を抱え込む役割を果たしています。セラミドは30代に入ると急激に減少していきます。セラミド配合の基礎化粧品を使って補ってあげることで、肌の内部の水分が逃げるのを防ぐことができます。セラミド以外の有効成分が一緒に配合されている基礎化粧品もあります。有効成分が複数配合されている基礎化粧品は、肌ケアの相乗効果が期待できるので、注目されています。